2月4日、只今は長野へ向かっています。私の後輩である「小松ゆたか」前代議士の新春の集いが開催され、講演いたします。(2018年02月04日)

 

20180204_komatsu
2月4日、只今は長野へ向かっています。私の後輩である「小松ゆたか」前代議士の新春の集いが開催され、講演いたします。

小松さんは、昨年の選挙で残念ながら当選できず、現在充電中です。私もかつて3度目の選挙で苦杯をなめたことがあり、同じ境遇を経験しています。
人生の厳しさと同時に、世の中の本当の人情も学ぶことが出来た、苦しくも貴重な経験です。

選挙後すぐに連絡をもらい依頼を受けました。私でお役に立てることがあるならと、喜んでお受けしました。

講演終了後はトンボ帰りで東京に戻り、虎ノ門ヒルズの地域おこし協力隊全国サミットで挨拶します。

その後は地元の川口に戻り、川口市長選の開票を同志「おくのき信夫」さんとともに見守ります。

国会、地元選挙、TV番組出演、地方講演と毎日慌ただしく活動することができるのも、皆さまのおかげ様と感謝しております。

 

本日2月4日、第4回 地域おこし協力隊全国サミットin Tokyoが開催されます。私も会場に出かけ午後3時45分頃に挨拶します。(2018年02月04日)

 

20180204_img1本日2月4日、第4回 地域おこし協力隊全国サミットin Tokyoが開催されます。
私も会場に出かけ午後3時45分頃に挨拶します。

地域おこし協力隊とは、都市から過疎地域へ移住し、その地域の臨時公務員となり地域の活性化や魅力作りに従事してもらう制度です。

私は総務大臣時代に当時1,000人程度の隊員を2年間で3,000人にする方針を打ち出し、予算を増やし大幅なテコ入れをしました。

嬉しいことに予想を上回るペースで隊員が応募してくれ、現在はなんと4100人に及ぶ規模に拡大しました。

隊員の約4割が女性、約7割が20〜30歳代、3年間の任期終了後約6割が同じ地域に定住、その内3割が起業しています。

隊員は地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民の支援などの「地域協力活動」を行います。
中には協力隊活動が縁で結婚したり出産して定住する人などもいます。

私としては「地方創生」の先遣隊であり、地方に暮らし新しい働き方を実践する取り組みとして、大臣退任後も応援させていただいたおります。

このサミットも私が発案したもので、毎回参加人数が増え喜んでいます。
全国で活躍する地域おこし協力隊員や隊員OB・OG、受入れ自治体関係者が一同に集結します。
ご都合よければ是非お出かけ下さい。

◎地域おこし協力隊 全国サミットin Tokyo
 日 時:平成30年2月4日(日)13:00開会
 会 場:虎ノ門ヒルズフォーラム(入退場自由・参加費無料)
 
◎資料
地域おこし協力隊全国サミット-ポスター
 
 
20180204_img2
 
 

2月3日、最終日を迎えた川口市長選挙。明日の投票日には、私の応援する「おくのき信夫」候補にあなた様の大切な一票をどうぞお与えください。(2018年02月03日)

 

2018_img12月3日、最終日を迎えた川口市長選挙。

2018_img6
夜は川口駅のデッキ上で最後のお願いを行いました。

2018_img2
告示から今日まで、個人演説会、駅頭挨拶、街頭演説、企業訪問や挨拶運動など、出来得る限りの運動を展開いたしました。

2018_img3この度の選挙は、60万人市民のリーダーを決める大切な選挙です。

私が応援する「おくのき信夫」候補は、市長としての四年間でたくさんの公約を実現させ、川口の元気を創り出しました。

2018_img7「おくのき信夫」さんの人柄と努力によって、国・県・市の連携はかつてないほど強く太くなっています。全国的に人口減少が進む中、川口市は行政の予測を2年前倒しで人口60万人を達成いたしました。昨年の木造新築住宅の着工件数日本一も川口市です。

2018_img8
 この流れを変えてはいけません。今後の川口市では、国や県の新たなプロジェクトがさらに行われることとなっています。

2018_img9

これからの四年間で、川口をさらに魅力ある個性と自立した街にするため「おくのき信夫」候補の力がどうしても必要だと、改めて強く皆さまにお伝えしたいと存じます。

明日の投票日には、「おくのき信夫」候補にあなた様の大切な一票をどうぞお与えください。

2018_img10

 

2月4日(日)投票日の川口市長選挙は期日前投票が可能です。あなたの大切な一票を「おくのき信夫」候補へ、どうぞよろしくお願い申し上げます。(2018年01月31日)

 

20180204_img9川口市長選挙は期日前投票が可能です。

  今回の選挙は、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げてから初めての市長選です。是非、投票を呼びかけてください。

 投票所入場整理券が無くても、手ぶらで大丈夫です。場所によって受付時間が変わりますので、ご確認ください。

あなたの大切な一票を「おくのき信夫」候補 へ、どうぞよろしくお願い申し上げます。

〇期日前投票について
 

20180204_img10

 

私の地元川口市では、市長選挙の真っ最中です。 川口市民の皆さん、投票日は2月4日、今度の日曜です。(2018年01月31日)

 

20180204_img1私の地元川口市では、市長選挙の真っ最中です。

  市議会同期として28年間行動を共にしてきた同志中の同志
 「おくのき信夫」候補 を全力で応援しています。

20180204_img2
 昼間は国会の合間を使い、夜は個人演説会へと支援を続けています。

20180204_img320180204_img420180204_img520180204_img620180204_img8
 投票日は2月4日、今度の日曜です。

  川口市民の皆さん、大切な一票を是非とも「おくのき信夫」候補へよろしくお願い申し上げます‼️

市外の方には、お知り合いへのお声かけをよろしくお願いします。

〇期日前投票について

20180204_img7

 

本日、川口市長選が告示されました。2月4日の投票まで60万市民の代表を選ぶ大切な選挙戦が行われます。(2018年01月28日)

 

20180128_img1
本日、川口の市長選挙が告示されました。2月4日の投票まで60万市民の代表を選ぶ大切な選挙戦が行われます。

20180128_img320180128_img4
衆院選でも出陣式に使用した川口駅東口キュポラ広場には、気温3度の極寒にも拘らず大勢の方にお集まりいただきました。私からも精一杯のご支援をお願いするべくご挨拶いたしました。

20180128_img15

現市長である「奥の木信夫」候補は、28年前に川口市議会で机を並べて以来の仲間であり、信頼と友情を持ってこれまでの長い間、良い時も苦しい時も支え合い政治の様々な局面を乗り越えてきた同志中の同志です。

20180128_img520180128_img13

川口市民の皆さまには、どうぞ「奥の木信夫」候補へ大切な一票をお与えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

20180128_img12
また川口に友人知人のいらっしゃる皆さまにも、ご縁のある方へのお声掛けのほど重ねてお願いいたします。

20180128_img7
ちなみに、今朝はNHKの日曜討論に生出演しており、9時から10時までは紀尾井町のスタジオにおりました。
出陣式が10時30分開始のため、10時02分に急いで出発して首都高速を使い川口駅前に到着したのは10時35分‼️
皆さんから「NHK見てたてけど、録画だったの?」と驚かれました。

20180128_img1420180128_img1120180128_img1020180128_img920180128_img8

昔は下道で1時間半かかる所が今は33分で着くようになっているのは、都市整備の成果と言えます。日曜で道が空いていたこともありますが、経済効率性はこうした時にも実感できます。
さらなる都市機能の改善により、地域に新たな便利と経済を生みだせるよう、国・県・市の連携を強めてまいります。

20180128_img6

 

1月28日、NHK『日曜討論』に生出演しました。新年度予算案、人づくり革命、働き方改革、北朝鮮ミサイル対応、IR法案、憲法改正など、与・野党の政策責任者の皆さんと熱い討論を行いました。(2018年01月28日)

 

20180128_img1

1月28日、NHK『日曜討論』に生出演いたしました。

 明日から審議が始まる予算委員会について、与野党の政策責任者の皆さんと討論を行いました。
 

20180128_img2特に、人づくり革命(待機児童対策・幼児教育無償化)や北朝鮮ミサイル対処のためのイージスアショア整備など防衛力の強化について。

また、安倍総理が70年ぶりの大改革と施政方針演説で強調した「働き方改革」をどのように進めていくのか。

20180128_img3

さらに、カジノを含むIR整備とギャンブル依存症対策について野党の皆さと討論しました。
 最後のテーマは国の基本である憲法改正問題について、制定以来70年を超え新しい時代に備えた改正が如何に必要か、との想いを込めて見解を述べさせていただきました。

20180128_img4

 

1月28日(日)午前9時~10時、NHK『日曜討論』に生出演いたします。ご都合よろしければ是非ご覧ください。(2018年01月26日)

 

img-article14_7-1

 

1月28日(日)、NHK『日曜討論』に生出演いたします。

与野党の政策責任者が集まり、今後の国会論戦の行方について討論を行います。
ご都合よろしければ是非ご覧ください。

【放送日時】
・1月28日(日)午前9:00~10:00<生放送>

【チャンネル】
・NHK総合テレビ・ラジオ第1
 *NHKオンデマンドで配信予定

【主な内容】
・働き方改革のあり方について
・カジノ含むIR整備とギャンブル依存症対策の法案について
・通常国会について
・憲法をめぐる議論について

【出演者】
・自民党    新藤義孝 政務調査会長代理
・公明党    石田祝稔 政務調査会長
・立憲民主党  長妻昭  政務調査会長
・希望の党   長島昭久 政策調査会長 
・民進党    足立伸也 政務調査会長
・日本共産党  笠井亮  政策委員長
・日本維新の会 浅田均  政務調査会長

●NHKホームページ 

(写真は、前回出演した際のものです。)

20180128_img

 

 

1月25日、領土問題に関するわが国初の常設展示場「領土・主権展示館」が開館しました。(2018年01月25日)

 

IMG_5034

 

1月25日、領土問題に関するわが国初の常設展示場「領土・主権展示館」が開館しました。
 
場所は東京・日比谷公園の南側に建つ市政会館の地下一階です。

 

IMG_5061

 
 
市政会館はとても由緒ある建築物で、創立者は東京市長を務めた、かの後藤新平翁です。

政治・行政の科学化のために自主独立の調査研究機関を設立すべし、という後藤の呼びかけに共鳴した稀代の銀行家・安田善次郎の巨額の寄付申し出を受け、大正11年財団設立、昭和4年に日比谷公会堂と共に竣工したという歴史的事業だったのです。

 
 
IMG_5051
 
この度の領土・主権に関わる常設展示場の設置は、私が野党時代に自民党・領土に関する特命委員会を立ち上げ、様々な取り組みを模索する中で提案したものであり、安倍総裁となって戦った衆議院総選挙の自民党公約となって以来の悲願でもありました。
 
 
IMG_5056
 
領土・主権問題は国家の成立基本三要素の一つであり、国の骨格をなすものです。
この問題をおろそかにする国は他国より信頼されません。国の基本問題解決に向け、歴史事実と国際法と正義を持って平和的手段で解決する、という断固たる信念と行動が求められると私は考え、活動してまいりました。

 

領土問題解決に向けた体制強化として私が提案したのは、
①領土担当大臣の新設
②領土問題担当推進組織の新設
③領土・主権・歴史に関する第三者調査研究機関の設置
④国内外への広報・情報発信機能の抜本強化
等であり、安倍内閣となって一つづつ取り組みそれぞれ実現に至っております。

 

この常設展示場も、提案したのは自民党が野党時代の8年程前からであり、これまで何度も予算委員会、外務委員会などで提案した末に満を持して実現したものです。
この常設展示場が領土・主権問題の歴史事実と現状を広く国内外に知らせる情報発信強化の場として機能することを強く期待しています。

 
 
 
IMG_5047
オープンに先立ち私も現地に行き準備状況を確認してきました。
 
 
IMG_5054
 
 
竹島や尖閣諸島に関係した歴史的資料、文書、パネルがあり、映像資料も公開されています。
今後、順次英語や中国語、韓国語による資料も充実される予定です。
 
 
IMG_5058
IMG_5057
 
さらに、外務省事業として今年度より始まっております「領土・主権・歴史調査研究事業」の一環としてオープンした、虎ノ門にある
日本国際問題研究所の「領土・歴史センター」や、
 
島根県隠岐の島町の「久見・竹島歴史館」
 との連動企画展示など、新たな拠点を核とした領土意識啓蒙活動を充実させられるよう、私も応援してまいります。
 
 
IMG_5038
 
 
日比谷公園内という絶好の立地を活かし、全国から多くの方々が訪れてくれることに加え、修学旅行や国会見学に来た子供達や学生にも是非訪ねてほしいと願っています。
 
 
 
領土・主権展示館

この機会に、我が国の領土や主権に関する歴史事実と問題の核心を一人でも多くの方々に知ってもらえたらと期待しております。
よろしければ、ぜひお出かけ下さい。

 
 〇領土・主権展示館の開館について(内閣官房 領土・主権対策企画調整室)
  
 
 
 

1月24日、私が会長を務める超党派「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の総会を開きました。(2018年01月24日)

 

26993261_789235631261660_5263381333389899447_n 
1月24日、私が会長を務める超党派「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の総会を開きました。
総選挙後初の開催であり、新たな仲間も加わって多くの出席を得ました。
 
 
19642644_789235634594993_4079490616156428226_n
 
 本日は、2月22日「竹島の日」記念式典ならびに国民交流会への議連メンバーの参加依頼を行うと共に、政府より最近の竹島及び尖閣諸島など領土主権問題についての状況報告を聞き、今後の取り組みについて様々な議論を行いました。
 
 
20375778_789235661261657_7255918934663706538_n
 
 
 

BSフジ『プライムニュース』に生出演いたしました。ハイライトムービーをぜひご覧ください。(2018年01月22日)

 

20180122_img2

 

1月22日、本日の番組では、通常国会の焦点となる「働き方改革」「人づくり革命」と「生産性革命」をパッケージにした意義や狙いなどや、「憲法改正」に対する各党の考え方について、自民党を代表して、野党政策責任者の皆さんと討論を行いました。

 

20180122_img1

 

生憎の大雪の中、衆議院本会議終了後にどうしても出席しなければならない行事があり、夕方時に国会からさいたま市を経由してお台場のフジテレビまで行きました。

雪で高速入り口が閉鎖され迂回するなど悪戦苦闘の上、何とかたどり着きましたが、8時の番組開始時間には間に合わず、本番中のCMの間に滑り込むという慌ただしさでした。

 

20180122_img3

 

本日は法律中心のテーマだったこともあり、建設的な政策議論が多かったように思います。
司会の反町さんからは、「国会の委員会よりわかりやすかった」と言われましたが、喜ぶべきか、反省すべきなのか、微妙なところです。

 

20180122_img4
※ハイライトムービーが配信されております。
よろしければ是非ご覧ください。

BSフジLIVE プライムニュース ホームページ

 

20180122_img5

 

 

『プライムニュース』(BSフジ)新藤義孝 生出演のお知らせ(2018年01月22日)

 

20180122_primenews
 
『プライムニュース』(BSフジ)新藤義孝 生出演のお知らせ
 
本日、1月22日(月)、BSフジ「プライムニュース」に生出演いたします。
通常国会が開会した初日に与野党の政策責任者が集まり、今後の国会論戦の行方について討論を行います。
ご都合よろしければ是非ご覧ください。
 
【放送日時】
・1月22日(月)午後8:00~9:55<生放送>
 
【チャンネル】
・BSフジ(BSデジタル8ch)
 
【テーマ】
『 “国会開幕″争点論点 働き方・無償化・憲法 与野党幹部に問う戦略 』
 
【出演者】
新藤 義孝   自民党政調会長代理
斉藤 鉄夫   公明党幹事長代行
逢坂 誠二   立憲民主党政調会長代理
岸本 周平   希望の党幹事長代理、役員室長
藤野 保史   共産党政策副委員長
 
【キャスター】
反町 理  フジテレビ報道局政治部編集委員 兼 解説委員
竹内 友佳 フジテレビアナウンサー 
   
 
 

1月20日は私の誕生日であり、還暦となりました。沢山の皆さまから祝福のメッセージをいただき、誠にありがとうございます。(2018年01月20日)

 

26907756_787062751478948_4882510327327980247_n

 

1月20日は私の誕生日であり、還暦となりました。沢山の皆さまから祝福のメッセージをいただき、誠にありがとうございます。

暦が一巡りする人生の節目を何とか無事に迎えられましたことを喜ぶとともに、これまでお世話になった数えきれない方々や、両親や妻・子供たち、祖父母や兄弟たち家族・親族の支えと祖先に深く感謝しております。

いただいた激励を糧として、与えられた役割を果たすべくますます張り切って精進してまいります。

ご縁を頂戴しました皆さま、どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

『プライムニュース』(BSフジ)新藤義孝 生出演のお知らせ(2018年01月18日)

 
 
 
23472379_757413547777202_3468586057585772729_n
 
○『プライムニュース』(BSフジ)新藤義孝 生出演のお知らせ
 
1月22日(月)、BSフジ「プライムニュース」に生出演いたします。
通常国会が開会した初日に与野党の政策責任者が集まり、今後の国会論戦の行方について討論を行います。
ご都合よろしければ是非ご覧ください。
 
【放送日時】
・1月22日(月)午後8:00~9:55<生放送>
 
【チャンネル】
・BSフジ(BSデジタル8ch)
 
【テーマ】
『 通常国会スタート!与野党の争点&戦略 』
 
【出演者】
新藤 義孝  自民党政調会長代理
斉藤 鉄夫   公明党幹事長代行
逢坂 誠二  立憲民主党政調会長代理
岸本 周平  希望の党幹事長代理、役員室長
藤野 保史   共産党政策副委員長
 
【キャスター】
反町 理  フジテレビ報道局政治部編集委員 兼 解説委員
竹内 友佳 フジテレビアナウンサー 
   
 
(写真は、11/13に出演した際のものです。)
 

1月16日、第5回国際北極シンポジウム(ISAR)において「北極のフロンティアについて考える議員連盟」を代表して挨拶しました。(2018年01月16日)

 

20180116_img1

 

1月16日、第5回国際北極シンポジウム(ISAR)において「北極のフロンティアについて考える議員連盟」を代表して挨拶しました。

〇第5回 国際北極研究シンポジウム(ISAR)挨拶(英文)

〇第5回 国際北極研究シンポジウム(ISAR)挨拶(和文)

 

20180116_img2
ISARは日本が主催する北極域に関する研究シンポジウムであり、英語で行われる国際集会です。

 

20180116_img3

 

世界各国より著名な北極研究者や若手が参加し、日本側の研究者と共に研究成果を議論する実務的な催しであり、オープニングでは皇室より高円宮妃殿下がご臨席され、お言葉を頂戴する格式高い会議でもあります。

 

20180116_img4

 

私は、我が国の持つ優れた科学的・技術的能力を活かし、地球的課題を包括する北極問題に対して、日本はさらに積極的に取り組み世界に貢献するべきと考えています。

それが、北極海航路や新たな海洋資源開発など、我が国が進める世界規模の経済戦略に反映されるとも考えています。

そのための政策提言組織として鈴木俊一現五輪担当相や上川陽子現法務大臣らとともに「北極議連」を結成しました。

私たちの議連の活動はこの2、3年のうちで、北極政策が我が国の国家戦略として初めて政府決定されたことや、関係予算の飛躍的な拡充といった成果に結びついています。

 

20170614_hokyoku1

 

昨年の衆院選後初の予算委員会で私が行った質問の中では、日本が保有していない北極海域で活動する砕氷船の整備を提言し、その時の安倍総理答弁に基づき関連経費が新年度予算(案)に反映されております。

本日の挨拶では、北極の持つ可能性と重要性を指摘しつつ、日本としてのさらなる取り組み強化に向け議連の活動を充実させる旨をお話しさせていただきました。

〇北極のフロンティアについて考える議員連盟からの緊急提言(2017年12月12日)

〇週刊新藤 第279号WEB版(衆議院予算委員会)

 

20180116_img5

 

毎年恒例の新藤義孝・新春街頭演説会、沢山の方にお出かけいただき盛大に開催できました。(2018年01月02日)

 

20180102_img1

 

毎年恒例の新藤義孝・新春街頭演説会、沢山の方にお出かけいただき盛大に開催できました。

20180102_img2

 

寒い中ご参加いただいた皆様、ネットで応援いただいた方々、本当にありがとうございました。

20180102_img320180102_img420180102_img5

 

会場には地元支援者に加え、様々なご縁のある方々が市外県外よりわざわざおいでいただいており、まさにご厚情に感謝するばかりです。

20180102_img720180102_img820180102_img920180102_img1020180102_img1120180102_img13

 

皆様からいただいた励ましを勇気に変えて、本年も精一杯頑張ります。

20180102_img6
どうぞよろしくお願いします。

 

1月2日、本日15:00より、川口駅東口デッキにて、毎年恒例の新藤義孝・新春遊説を行います。(2018年01月02日)

 

2017-01-02 0381月2日、本日15:00より、川口駅東口デッキにて、毎年恒例の新藤義孝・新春遊説を行います。

私が20年来開催してきた年明けの第一声です。

2017-01-02 050
奥ノ木川口市長、自民党川口支部所属の県議・市議が勢揃いし、市内はもとより県内外よりお集まりいただいた沢山の皆様に、新年の抱負を述べさせていただきます。

ご都合よろしければ、是非お立ち寄りください。

写真は昨年の様子です。

1月1日(月)~3日(水)、毎朝8時30分頃~9時、FM川口で、私の新年のお祝いコメントが放送されています。(2018年01月01日)

 
 
IMG_38111月1日(月)~3日(水)、毎朝8時30分頃~9時、FM川口の 
「グッドモーニング!Kawaguchi ~SPECIALバージョン~ 」という番組で私の新年のお祝いコメントが放送されています。
 
皆さまには、今回の音声データを下記URLでお聞きになれますので、よろしければ是非お聴きになってください。
 
 
今回もメインDJの小田島 睦子さんが議員会館まで取材に来てくれて、楽しくお話しをさせていただきました。
 
 私からは、今後日本はどのように変わっていくのか、その大きな流れの中で川口にどんなチャンスが巡ってくるのか、現在、私が国策と連動して進めている「わがまち川口の元気づくり」のためのいくつかの施策についてお話ししました。
 
また、コミュニティFMに期待されている本来の役割りについて、私が総務大臣として開局認可を行った際のことなど、新年のお祝いコメントと共にお話ししました。
 
本年も地域の皆様に愛され、いざという時に役に立つFM川口であって欲しい、と願っております。
 
皆様には、引き続きFM川口への応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 

週刊新藤 第280号WEB版《年末年始号》<2018年、新しい年を迎えて。新年度予算編成にあたり、経済政策を提言。>です。ぜひご覧ください。

  
皆さまには健やかにお正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。戌
昨年中は大変お世話になりました。
 
本年が干支ではどんな年にあたるのか。
私が懇意にしております青木氷川神社の鈴木邦房宮司さんより教えていただきました。
 
平成三十年戊戌(つちのえいぬ)。『戌』の刻は午後八時。形は「人」が「鉾(ほこ)」を持った状態を表現しています。戦いをするための「鉾」ではなく、収穫物を護るための「鉾」とする説もあります。
 
前年の「酉」は収穫物を貯える「壺」でした。『戌』年では、これを守るため、人が鉾を持っているのです。どうやら、この年は『守る・護る』ということがキーワードになりそうです。
 
 『守る』は規則、約束のように『遵守』の意味が強く、『護る』は人、祖国、家族を『かばいながら』護る、という感じがします。
 
 人は「ひとり」では生きていけません。多くの人達の支えのもと『護り』『護られ』ながら生かされているのです。
 
それを心の底から感じた時、ひとは「感謝」に包み込まれます。家では親、家族、友、仲間…。当たり前のような日常ですが、これらの存在は「かけがえのない」もので、それらを失うことは耐え難いことです。
 
 会社や企業でも同様、今までの蓄積を『護った』上で、どのように前に進めばよいのか。社員一同が支え支えられ、護り護られることが全うできれば『戌年』を有意義な年にすることが出来ると思います。
 
 一方、干支でいう『犬』ですが、神社では古来から神様をお護りする「狛犬」として鎮座しております。飼い主には従順ですが、いざとなったら相手を追い払う頼もしい存在です。
 
 今年は「家、地域、会社をいかに護るか」を考える事で、更に一歩前に進む事が出来る年になると思います。
 
自民党「生産性革命推進戦略」を安倍総理に提言
 

 20171220_weekly280昨年の衆議院総選挙では、おかげさまで7度目の当選をさせていただきました。

皆さまからいただいた大切な議席の重みを自覚し、自らの役割を果たすべく全力で国政に邁進してまいります。

 現在の私は総務大臣を退任後、自民党において政調会長代理や地方創生統合実行本部長代理、経済好循環実現委員長、領土特命委員長、安全保障と土地法制に関する特別委員長など様々な重要な役職に就き政務に務めております。

 

 さらに衆議院では外務委員会・筆頭理事、地方創生に関する特別委員会・理事、裁判官訴追委員などを務め、日々慌ただしく活動させていただいております。

 私たち自民党・安倍政権は、デフレを脱却し持続可能な経済成長を実現させるため、「生産性革命」と「人づくり革命」による新しい経済政策パッケージを閣議決定しました。

 私はこの原案となる自民党「生産性革命推進戦略」をとりまとめ、安倍総理に提言させていただきました。

 
 
 
29補正予算案、新年度予算案では新たな経済政策が次々と出てまいります。
キーワードとなるのは、
①IoTやロボットなど第4次産業革命による新技術の社会実装
②中小企業・地域中核企業などによる地域未来投資の加速化
③地域の特色をふまえた地方創生の総合的推進
 
 私はこうした政府が進める様々な経済施策の実践の場として川口市は最適な条件を有していると考えており、「わがまち川口の元気づくり」について国策と連動した効果的な施策を実行してまいります。
 
 本年度中には国の交付金を受け、ICTなどを活用した2両連接バスによる高次バス輸送システム「BRT」の公道実験が第2産業道路上で始まります。さらにSR鳩ヶ谷駅とSKIPシティを結ぶ「自動運転バス」の実現に向けた実証実験を国に要望してまいります。
 
 今年度より始まっている「マイナンバーカードを活用した健康ポイント制度」による地域経済活性化の取り組みは、新年度より市民の利用が可能となります。
 
上青木のNHK跡地へのNHK渋谷放送センター機能の一部移転を含むSKIPシティの総合開発については、国家戦略特区の活用も含め、国・県・市・NHKによる協議・検討がさらに強化されます。
 
 

湘南新宿ラインの川口駅停車をJR東日本へ要望

IMG_3709

  12月15日、奥ノ木川口市長、立石県議(自民党県議代表)、若谷川口市議会議長(自民党市議団代表)とともにJR東日本本社を訪れ、「湘南新宿ラインの川口駅停車」について要望を行いました。JR側からは石川常務以下幹部職員が私たちの要望を受けていただきました。
 
 人口が60万人の大都市川口。その玄関口・川口駅の一日の乗降客は16万人を超え、大宮、浦和に次ぐ県内第3位です。しかし浦和駅には京浜東北線に加え、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ラインが停まりますが、川口駅には京浜東北線一本のみ、という厳しい状態が続いています。

 朝の通勤時間帯の混雑は限界であり、都内の山手線で事故があっても、京浜東北はノロノロ運転となり、満員電車となった川口駅は通過、改札口が封鎖され、お客さんはデッキの上にあふれ出ます。

 私は平成19年頃よりJR側と協議を始め、「リリア側へのホーム増設のための用地や線路拡幅工事など、物理的な問題に障害は無い」との回答を得ました。ところが、赤羽駅と連続停車となることで急行電車としての「速達性」が損なわれるため、電車運行上の理由で停めることが出来ない、とJRは言うのです。

 これを覆すためには川口の熱意と民意を届けるしかありません。JR側と度々の協議を続けると共に、市民の署名運動を行い、地域の声を届けるため、毎年にわたり市長、県議団、市議団の同志と要望を続けています。

 今回の要望でも、残念ながらJRからの良い回答は得られませんでした。しかし、
①これだけ熱心に要望を続ける川口市の熱意は充分に受け止めている。
②今後の状況変化も見据え、引き続き社内でも様々な方策について検討を行う。との回答を得ました。  
 私は、①川口市の長年の悲願であり、何としても実現させたい。
②市はもとより国・県含め、あらゆる支援と協力を行う。
③停まるまで交渉を続ける。
との「湘南新宿ラインの川口駅停車・三原則」を改めて表明し、JR側による引き続きの検討を強く依頼しました。
 IMG_3701 (1)また、JR訪問前には国土交通省を訪ね、かねてより理解を示してくれている石井国土交通大臣に状況説明を行い、交通政策上からの国の支援を約束していただきました。

 これは川口市の市勢発展のために死活的重要事項であり、実現に向け粘り強く、熱意と誠意を持って引き続き交渉してまいります。
 
 
 今号で紹介した政策の提言や資料は、私のフェイスブックとホームページに公開しておりますので、ぜひご覧になってください。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

1月2日(火)15:00~川口駅東口デッキにて「2018新藤義孝 新春遊説」を行います。ご都合がよろしければ、ぜひお出かけください。

 
 2018_sinsyunyuuzei_1226_OL
 
日頃より大変お世話になり真にありがとうございます。
 
いま、政治が取り組むべきことは、少子高齢化・人口減少社会の克服と、北朝鮮の脅威から国民を守り抜くことです。
 
2017-01-02 038
 
ロボットやloTを活用した第4次産業革命による新技術を社会実装させ、「生産性革命」と「人づくり革命」をパッケージした新しい経済成長戦略を実行します。
 
2017-01-02 050
 
日本の外交力を極限まで高め、国際連携によるかつてない強力な外交圧力を北朝鮮にかけ続け、非核化の道を歩まざるを得ないように仕向けていく外交戦略を断行します。
 
2017-01-02 057

2017-01-02 0692017-01-02 073

2017-01-02 055
私は頂戴した議席の重みを自覚し、自らの役割を果たすべく精一杯活動してまいります。あなた様には引き続きどうぞよろしくお願い申しあげます。
 
 
🔶2018年 新藤義孝新春遊説のご案内
2018年1月2日(火)15:00~
川口駅東口デッキにて、毎年恒例の新春遊説を行います。

ご都合がよろしければ、ぜひお出かけください。

 
2017-01-02 098
※写真は、2017年の様子です。
 
 
 

地元・川口のコミュニティFM・FM Kawaguchi(85.6MHz)の新年スペシャル番組を収録しました。ご都合よろしければ、お聴きください。(2017年12月25日)

 
 IMG_3876
地元・川口のコミュニティFM・FM Kawaguchi(85.6MHz)の新年スペシャル番組を収録しました。
新年 1月1日(月)~3日(水)、毎朝8時30分頃~9時 
「グッドモーニング!Kawaguchi ~SPECIALバージョン~ 」という番組で放送されます。
 
IMG_3811今回もメインDJの小田島 睦子さんが取材に来てくれて、楽しくお話しをさせていただきました。
 
IMG_3817
私からは、私が考え、現在国策と連動して進めている「わがまち川口の元気づくり」のためのいくつかの施策についてやコミュニティFMの期待される役割りを、新年のお祝いコメントと共にお話ししました。
ご都合よろしければ、お聴きください。
 
IMG_3853

【番組名】グッドモーニング!Kawaguchi~SPECIALバージョン~

【放送日】1/1(月) 2日(火) 3日(水) (同じ内容で3日間放送)

【時 間】 8時30分頃~9時

FM川口のサイトです。視聴方法はこちらでご確認ください。

20171222_img

 

 

 

 

ネットでラジオを聴く場合は…

一覧から「FM Kawaguchi」の、【放送を聴く】を選択してください。

20170901_img

12月9日、本日は硫黄島へ戦没者の慰霊追悼に参ります。(2017年12月09日)

 

20171209_img29

12月9日、本日は硫黄島へ戦没者の慰霊追悼に参ります。
只今、自衛隊の入間基地におります。これより航空自衛隊のC130輸送機で出発いたします。

硫黄島協会による硫黄島渡島慰霊事業は、平成22年度(22年11月29日実施)を最後に、東日本大震災により中断し、今回は7年ぶりに再開することができました。

全国から集まった戦友・遺族を中心とした硫黄島協会の会員の皆さんと共に、国会議員による硫黄島懇話会(逢沢一郎会長、中山泰秀幹事)が参加しています。

島では、まず天山慰霊碑で慰霊祭を行い、島内の地下壕などを巡拝し英霊への追悼・顕彰を行います。
私は硫黄島協会顧問であり、遺族を代表し慰霊祭で追悼の言葉を述べさせていただきます。

 

12月8日、安倍内閣が推進する「人づくり革命」と「生産性革命」による「新しい経済政策パッケージ」が閣議決定されました。(2017年12月08日)

20171208_img212月8日、安倍内閣が推進する「人づくり革命」と「生産性革命」による「新しい経済政策パッケージ」が閣議決定されました。

20171208_img1

新しい経済政策パッケージ

生産性革命に関する政策の元になっているのは、自民党の「経済構造改革に関する特命委員会」が策定した「生産性革命推進戦略」です。

自民党「生産性革命推進戦略」

20171208_img4私は岸田政調会長の下でナンバー2の幹事長となり、3週間程の極めて短い期間の中でしたが、同僚議員や事務方の協力を受け取りまとめにあたりました。

20171208_img5この戦略が政府に提出されるまでには、取りまとめ後、党内の全体会議、政調審議会(政審と呼びます。)、総務会という手続きが必要で、その間に多くの議員から沢山の意見や質問を受け、夜中までかけて何度も修正・修文作業を繰り返し、決定されるのです。

その上で11月24日、総理官邸に出向き、安倍総理に提言の実行を要請いたしました。
その後に取りまとめられたのが今回のパッケージです。政府が作成したものですが、与党の政策決定プロセスで了承されなければ閣議決定出来ません。

再び自民党の全体会議、政審、総務会が開催され、今度は政府からの説明を受け、多くの議員が意見、質問を行い、必要な修正を行ったのち了承されます。本日の政策パッケージの閣議決定までには、こうした経緯が積み重なっております。

政府の打ち出す政策は同じプロセスが必要であり、国会審議の前に極めて濃密な与党の政策審議があることを、この機会にご報告させていただきます。
私が務めている政調会長代理は、こうしたプロセスの実務責任を担うポジションであることも、ご理解いただけると思います。

20171127_img1この度決定された政策パッケージにより、過日の予算委員会質疑で私が安倍総理を始め閣僚に質問した成長戦略に関する項目は、ほとんど全てが政府の予算、法案、制度として現実に実行されることになります。

20171208_img3第4次産業革命の社会実装のためサンドボックス制度など新たな推進体制、中小企業の生産性の劇的改善、企業の収益性向上、投資促進、地域経済と地方創生、イノベーションを促す新しい仕組みづくり、など少子高齢化においても経済成長を力強く実現させるエンジンとしての諸政策が盛り込まれています。

もう1つの柱である全世代型社会保障を推進する「人づくり革命」と政策連携させることで、経済成長の果実を活かし、社会保障の充実を行い、安心できる社会基盤を築く。その基盤の下に経済を成長させていく。
成長と分配の好循環を強化し誰もが生きがいを感じ、能力を思う存分発揮できる社会を作ることが、アベノミクスの達成目標であり、私たちはそのための新たなステージに立つことになります。

「新しい日本の未来を切り拓くため」に、国をどう動かすべきなのか、社会は本当に変わっていくのか、皆さんと考えて行きたいと願っています。
「新たな経済政策パッケージ」とそれを導くための「自民党・生産性革命推進戦略」です。是非ご覧になってください。

 

12月4日、「北極のフロンティアについて考える議員連盟」を開催しました。(2017年12月05日)

 

20171205_img112月4日、「北極のフロンティアについて考える議員連盟」を開催しました。

20171127_img5私は副会長であり、過日の予算委員会で安倍総理に提言した「北極海域での砕氷船の整備」は、当議連で積み上げてきた政策です。

20171205_img2

政府より、北極政策をめぐる関係各国の最近の動きの報告があり、鈴木会長(五輪担当大臣)、上川幹事長(法務大臣)、伊藤事務局長(環境副大臣)らと共に、今後の日本の取り組みについて議論しました。

20171205_arctic_img
私は、我が国は優れた科学的・技術的能力を活かし、地球的課題を包括する北極問題に積極的に取り組み、世界に貢献するべきと考えています。

それが、北極海航路や新たな海洋資源開発など、我が国が進める世界規模の経済戦略に反映されるとも考えています。

20171205img3

当日の議論をもとに、来年度予算の獲得や次期海洋基本計画へより強力な反映ががなされるよう、議連として決議し政府に要請いたします。

次期海洋基本計画 参与会議意見書 (内閣府資料)

最近の北極関係各国との動き (外務省資料)

 

12月4日、私が筆頭本部長代理を務める地方創生実行統合本部で官邸に出かけ、安倍総理に平成30年度予算編成及び税制改正等に向けての緊急申入れを行いました。(2017年12月04日)

 

20171204_img112月4日、私が筆頭本部長代理を務める地方創生実行統合本部で官邸に出かけ、安倍総理に平成30年度予算編成及び税制改正等に向けての緊急申入れを行いました。

20171204_img220171204_img3

平成30年度予算及び税制改正に向けた緊急申しれ文をご覧ください。

平成30年度予算編成及び税制改正等に向けての緊急申入れ

 

週刊新藤 第279号WEB版です。 「11月27日 衆議院予算委員会で質問しました。」

 

IMG_2540

2017年11月27日(月)衆議院予算委員会で、自民党を代表して一時間の枠をいただき、質疑を行いました。

20160108_img2

当日の質問は、

◇衆議院インターネット審議中継

◇衆議院予算委員会議事録 

YouTube動画

でご覧になれます。

1 北朝鮮問題の解決に向けた外交戦略、防衛体制について。

2 生産性革命・地方創生を強力に推進する、ロボットや自動走行など第4次産業革命の技術を地方や中小企業に普及させるための提案。

3 川口製の聖火台を活用し、オリンピック開催後に永遠の炎を灯す提案。

4 南鳥島のレアアース泥を活用した、世界初となるLED照明をオリンピックに合わせて使用する提案。

5 日本初の砕氷船を建造し、北極のフロンティア政策を強化する提案。

6 今後の国会運営について。

など、私たちが選挙で訴えた「2つの国難を克服し、新しい日本の未来を切り拓く」ために日本は何をするのか、どんなことが進んでいるのか。その想いを安倍総理を中心に各閣僚に質問しました。NHKのTV中継もあり、質問後にはTVを見た全国各地の方々から嬉しいコメントをいただき、今後活動していく勇気をいただきました。

IMG_2545
私が当日使用した関連資料パネルを掲載いたしますので、よろしければ是非ご覧になってください。

予算委員会 新藤義孝パネル資料

1.生産性革命推進戦略

20171127_img1

2.地方創生 主な基本目標・KPI(2020年目)東京圏への転出超過数(2016年)

20171127_img23.新国立競技場の炬火台等の設置

20171127_img34.画期的な国産資源「南鳥島レアアース泥」

20171127_img45.北極で活動する主な砕氷観測船

20171127_img5
 

各パネルで私が言いたかったことは、

▶1.生産性革命推進戦略◀
 私が「週刊新藤277・278号」で提案した、川口に導入を検討中の「自動運転バス」や、マイナンバーカードを活用した「健康ポイント制度」は、この生産性革命戦略の中で推進されます。

▶2.新国立競技場の炬火台等の設置◀
 川口鋳物製の旧国立競技場・聖火台は、 オリンピック後レガシーとして新国立競技場に保存されることが決定しています。今回の質問で、私はこの聖火台にオリンピック終了後、火を灯し続け「永遠の炎」として活用しては、と提案しました。 

▶3.画期的な国産資源「南鳥島レアアース泥」◀
 「南鳥島レアアース泥」は日本のEEZで発見された画期的な資源です。世界で初めてこれを使用したLED電球を作り、オリンピック期間中、日本の海洋資源の明るい未来を世界の人々にアピールしては、と提案しました。

▶4.北極で活動する主な砕氷観測船◀
 地球最後のフロンティアとして、北極海航路や豊富な海洋地下資源の活用が見込まれる北極域で、日本が活動を強化するためには、砕氷機能を持った研究船の整備が絶対に必要です。すでに中国は2隻目の建造に入り、韓国も2隻目を検討中であり、来年度予算への反映を提案しました。
ということです。

 

20160108_img1
これらの提案はこれまで私が国会で取り組み、積み上げたものであり、いずれも政府が決断すれば実行可能なものです。

日本の優れた知恵や技術を使い、「新しい日本の未来を切り拓く」とともに、「世界に貢献する日本」の姿を具現化・社会実装させていくことが私の目標です。

 

2017年11月27日(月)衆議院予算委員会で、自民党を代表して1時間の枠をいただき、質疑を行いました。(2017年11月27日)

 
 IMG_2540
 
2017年11月27日(月)衆議院予算委員会で、自民党を代表して1時間の枠をいただき、質疑を行いました。
 
 
20171127_img7
 
安倍総理出席のもと、安倍内閣の北朝鮮問題の解決に向けた外交戦略、北朝鮮問題に対処する防衛体制、経済構造改革と生産性革命、地方創生の推進、オリンピック聖火台の活用、南鳥島のレアアース泥、北極政策、今後の国会運営などについて、質問しました。
 
 
20171127_img6
 
安倍総理始め閣僚の皆さんと、「2つの国難を克服し、新しい日本の未来を切り拓く」ために日本は何をするか、どんなことが進んでいるのか。
そのことが少しでも伝えられればという想いで、質問させていただきました。
 
 
20171127_img8
 
たくさんの方からコメントをいただき、とても嬉しく、今後活動していく勇気をいただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
 
私が本日使用した関連資料パネルを掲載いたしますので、よろしければ是非ご覧になってください。
 
 
1.生産性革命推進戦略
20171127_img1
 
2.地方創生 主な基本目標・KPI(2020年目)東京圏への転出超過数(2016年)
20171127_img2
3.新国立競技場の炬火台等の設置
20171127_img3
4.画期的な国産資源「南鳥島レアアース泥」
20171127_img4
5.北極で活動する主な砕氷観測船
20171127_img5
 
 

2017年11月27日(月)午前10時10分~ 自民党を代表して「衆議院予算委員会」において1時間程の枠をいただき、質疑を行うことになりました。(2017年11月26日)

 
 
20160108_img1
 
2017年11月27日(月)午前10時10分~
衆議院予算委員会(NHKテレビ中継入り)
新藤義孝 質疑のお知らせ
 
この度、自民党を代表して「衆議院予算委員会」において1時間程の枠をいただき、質疑を行うことになりました。
 
 
20160108_img2
安倍総理始め全閣僚出席のもと、TV中継も行われます。
お時間の都合がつきましたら是非ご覧ください。
 
◇委 員 会
 11月27日(月)午前10時10分~
 ※新藤は午後1番手、13時より登壇します。
 
 
・写真は、以前の予算委員会で質問した際のものです。
 
 

11月20日、今晩は地元川口市の、若谷正巳市議会議長就任祝賀会に行きました。(2017年11月20日)

 

20171120_img111月20日、今晩は地元川口市の、若谷正巳市議会議長就任祝賀会に行きました。

20171120_img3
若谷議長は私が国政初出馬した平成8年の選挙で手伝いに来てくれ、選挙後勤めていた会社を辞めて私の秘書になってくれました。
それから11年間、苦楽を共にした大切な仲間です。

20171120_img2
私の自宅の隣に住み、朝から夜まで休みもとらず一心不乱に働いてくれました。周囲に請われて市議会に出馬してからも、信頼できる同志となって支えてくれています。

私のはとこを妻とし、一人息子はもちろん川口ふたば幼稚園、今ではサッカー部で大活躍中です。

20171120_img4
大勢の参加を得て盛大に祝賀会が催され、感無量の一晩となりました。
若谷議長、おめでとう!

 

11月20日、地方自治法施行70周年を記念した式典に参加しました。天皇・皇后両陛下の御臨席を仰ぎ安倍総理を始め三権の長からの挨拶がありました。(2017年11月20日)

 

20171120_img_1

 

11月20日、地方自治法施行70周年を記念した式典に参加しました。

天皇・皇后両陛下の御臨席を仰ぎ安倍総理を始め三権の長からの挨拶がありました。

天皇陛下がお出ましになる式典は、主催者にとって最大の栄誉であり緊張の場でもあります。

私が総務省にいた1年8ヶ月の間には、残念ながら主催行事の機会には恵まれませんでしたが、消防120年を記念する式典に両陛下の御臨席をいただきました。

本日の式典が野田総務大臣のもと、滞りなく開催されたことを関係の一人として喜んでおります。

 

20171120_img_2

 

式典前の控え室では、18年前に総務大臣政務官としてお仕えした片山虎之助元大臣や、私が大臣の際に副大臣として支えてくれた上川陽子法務大臣、全国知事会会長として地方団体協議でお世話になった山田啓二京都府知事、当時の全国町村会会長であり、本日、地方自治功労者として個人表彰を受けられた長野県川上村の藤原村長など、懐かしい方々と、さながら同窓会のような楽しいひと時も持つことができました。

 

20171120_img_3